玄米ごはんと福耳.com

日本人と「ごはん」と「福耳」の会


日本人から「福耳」が消える日

1-7伝統的な粗食で『中庸力』を高めよう

おにぎり【1-7】

この中庸力は、未精白穀物を中心に野菜や小魚や貝類などの一物を丸ごと食べ続ける事により、その人の体内を流れる血液が綺麗で温かくなる為に、サラサラと隅々まで滞る事無く循環している力とも言えます。

大雑把ですが、日本人の中庸力を育んできた伝統的な粗食について、まとめてみます。

第一に考える必要があるのは、主食のご飯です。

玄米雑穀がベストと思いますが、最初は五分付き辺りから始められる事をお勧めします。

玄米は難しいと思われる方は、白米雑穀でも構いません。

発芽玄米や粟、稗、キビ、麦、黒豆、小豆などを加えて電気炊飯器で簡単に炊く事が出来ますし、これに黒ゴマ塩をたっぷり振り掛けて食べてみて下さいませ。

要は、中庸力を持つ穀物を食事の中心に置く事と塩気(自然塩)を効かせる事です。

次は、旬の食材を使った味噌汁です。

これで、主食と副食の基本形の完成となります。

あとは、副食として旬の食材を中心にした簡単な料理を一品か二品程度です。

旬の小魚貝類や発酵食品も重要です。

大事な事は、副食は主食の半分以下がいいと思いまし、肉体労働をされる方やお子様以外は、一日、二食で『腹八分』お勧め致します。

これで誰でも簡単に、『メタボ』からさよなら出来てしまうと思います。

そして、玄米なら二百回、白米雑穀でも百回を目標にして、一口食べたら一旦箸を置いて目標に向かって噛み続けて頂きたいと思います。

調味料は天然の物を使用し、化学調味料や食品添加物や薬剤を使用した人工的な製品や食品を使用しない事。

動物の肉、卵、乳製品や白砂糖から作られる食品、インスタント食品やレトルト食品を極力避ける事。

要は、高蛋白、高脂肪、高カロリー、高薬物から、低蛋白、低脂肪、低カロリーへご家庭の台所から変えていって頂きたいと思います。

また、出来るだけお昼は外食ではなく、『お弁当』をお勧め致します。

これで、ご家族の身体の中身と冷蔵庫の中身が変わってくると思いますし、食原生ストレスが家庭内に入り込む余地が少なくなってくると思います。

玄米雑穀や白米雑穀のご飯を中心にして、旬の食材を中心にした『全体食』を心掛けて下さいませ。

全体食には現代栄養学では捉える事が出来ない、目に見えない生命力が宿っています。

特に、玄米や雑穀類や豆には強靭な生命力とバランスの取れた栄養素、そして、それ自体『丸ごと一つ一つが中庸力を持つ食べ物』になり、これが主食となりえる所以です。

あとは、その体質に合わせた副食を軽く付け足す程度でいいと思います。

この辺の食べ物の陰陽に関しては、食養(マクロビオテック)の本やWEBでも簡単に調べる事が出来ますので、是非、お調べ下さいませ。

ご家庭の台所から『生命力が驚異的に高く、栄養バランスに優れ、尚且つ、中庸力を持つ食べ物』である、主食中心の全体食を心掛けましょう。

食原生ストレスの元になる人工的な食品には、生命力の欠片もありません。

食事前に合唱する「頂きます」とは、『貴方の命を私の命に変えさせて、頂きます』と言う事です。

典型的な農耕民族の日本人が育んできた粗食を、各ご家庭内だけでも変えていきましょう。

現代社会は、ありとあらゆるストレスと同居しています。

環境汚染や精神的ストレスや肉体的ストレスと、家庭内も外の世界もストレスだらけです。

日本人の体質に合う伝統的な粗食を基に、血液を浄化しながら心と身体を温かいバランスの取れた『中庸』へ持って行きましょう。

そして、ちょっとやそっとのストレスが掛かっても、跳ね返すだけの強い中庸力を基にして、誰もが安定した心と身体で毎日を営む事が出来るようにしていきましょう。

病名まではいかないが毎日の様な不定愁訴や無気力、自律神経失調症や躁鬱、キレ易い、ニートや引きこもり、統合失調症、子供への虐待、陰湿な虐め、自分で判断が出来ない人、何を基準に考えているのか分からない人、次の考えや行動が読めない人、動機不明の凶悪犯罪、不妊症など、思いつくままに挙げたら切がありません。

また、病院と医師の増加と医療費の天文学的増加、それに伴い、病人の増加。

戦前や戦後はこの様な『何かおかしな現象』は、殆ど無かったと思います。

それは一にも二にも、ご先祖様から続く日本人としての『食性』を大きく踏み外し、食原生ストレスにどっぷりと浸かってしまった結果と考えます。

戦後以来、西洋(欧米)からもたらされたあらゆる洗脳により、中庸力を持つ穀物や全体食を忘れさせられ、極陽性で血液を汚す肉や卵や乳製品などの動物性食品や、同じく血液を汚しながら極陰性で低体温へ導く白砂糖製品や人工的な食品や薬物、これらの過食によって日本人の心と身体がバランスを失ってしまいました。

冠婚葬祭などの晴れの日や特別な日の食事や特別な外食や食事会は別として、普段食事をする場所であるご家庭の台所から、日本人の体質に適した伝統的なご飯中心の粗食に戻しましょう。

そして心と身体を、バランスの取れた適度に温かい中庸に戻していきましょう。

一昔や二昔前の日本人は、今とは考えられないほどの粗食や素食でしたが、西洋人もビックリ仰天する様な高度な文化や伝統や教育水準を持ち、義理や人情に厚く、自他中心的で誠実にして『卑怯』を嫌い、また、驚異的な持久力や忍耐力を有していたと思います。

一言、付け加えますと、『現代の日本人がダメ』と言っているのではなく、一昔前と同じ様に素晴らしい方々も沢山おられます。

しかし、何となく直感的に、『何かおかしい世の中』になってしまってきている様に感じてなりません。

今一度、日本人としての土台である伝統食を考える時代に来ているのではないかと思っております。

この粗食を取り戻す事で、将来の子供達が戦前生まれの方々の様な福耳と切れ長の目を持って生まれてこられる様な環境を取り戻しましょう。

我々日本人一人ひとりの体質的な(心と身体)底上げにも繋がりますし、また、アスリートの方々に於いても、伝統的な粗食により中庸力を高める事で、身体の柔らかさや持久力や精神力を高め現役時代をより長くする事も可能と思います。

その為には、食原生ストレスを減らし、中庸力を持つ命が宿る食べ物を食べましょう。

食べる前に感謝の気持ちを込めて、『貴方の命を私の命に変えさせて、頂きます』と合唱しましょう。

1-8『頂きます運動』を広めていきましょう

稲穂【1-8】

日本人としての食育とは、自然界の目に見えない法則を教える事、考える事ではないかと考えます。

狩猟民族から進化発展してきた西洋の人々が持つような『肉食思想』は、自然界を征服する対象、敵視する対象と捉る事により、強引に厳しい風土環境を乗り越えて各民族が子孫を繋ぎながら生き抜いてきたと考えます。

農耕が出来ないほどの過酷な風土や環境の中で狩猟民族や遊牧民族として生き抜く為には、強引に『目に見えた人間の力』で相対する自然界に打ち勝とうとする事以外には、子孫を繋ぐ事が出来なかったのでしょう。

自然界に対してこの強引で傲慢な考え方があって初めて、農耕が不向きな風土環境を遊牧民族や牧畜民族へ進化適応しながら生き抜く事が出来たのでしょう。

ですから、『二元論的な概念が発達』した訳です。

一方、典型的な農耕民族である我々日本人は『穀菜食思想』を持ち、自然界には『目に見えない大きな力』があると感じ取るように進化発展してきました。

その結果、この大自然の目に見えない力で『生かされている』と考えるようになり、自然界のあらゆる物に感謝するように進化発展してきました。

ですから、西洋(欧米)などの肉食民族と日本人のような穀菜食民族では、自然界に対する概念が相対的に真逆傾向になってくると思います。

狩猟民族から進化した肉食民族は、その過酷で厳しい風土の中で食べ物である『獲物』を自分の力で追いかけて獲得する事で生き抜いてきた民族です。

我々農耕民族である日本人はと言うと、同じ場所で種を蒔けば芽が出る的な農耕を中心に過酷な日本という風土を生き抜いてきました。

そこには、食べ物は追いかけて獲得する獲物ではなく、『自然界から与えられた物』と捉えるようになりました。

典型的な農耕民族である日本人は大昔から大自然に対して、我々人間や他の全ての生物は『ちっぽけなもの』、『儚いもの』、『弱いもの』と捉えるようになりました。

所謂、『無常観』です。

人間も含めてちっぽけで儚く弱い全ての『生き物』達が、大自然の中をお互いに助け合い共存しあいながら生きている『同胞』と捉えようになりました

所謂、『一元論』です。

ですから日本人はご先祖様以来、全ての生物は自然界の目に見えない力に全てを委ね、その目に見えない力で生かされていると考え、そして、全ての生物がお互いに生きると言う事は、お互いに『命の循環』をしている事で成り立っている事に気付いたのだろうと思います。

「今度は私の番ですよ」、「次は貴方の番ですよ」と謙虚な態度で自然界の法則である目に見えない命のやり取りをしていたのでしょう。

簡単に考えると、大自然の中で人間が穀物や豆の命、野菜や小魚の命を頂きながら生を全うし、時が来るとその人間が土に帰る事で今度は、穀物や野菜や魚の命の基となる事で循環しながらお互いに成り立っている事に、同じ場所で農耕を通してあらゆる物を観察し続けた経験的な結果から気が付いたのでしょう。

これが自然界の循環的な法則であり、農耕民族である日本人が古代から育んできた、『お互いに共存する為の命のやり取り』的な一元論的概念、自然界に生かされていると言う概念を小さい子供のうちから自然に理解出来るように導く事が『真の食育』ではないかと考えます。

出来る事なら各ご家庭はもとより、幼稚園や小学校から『頂きます』の意味を自然に理解する環境作りしていきたいと考えております。

その日の当番や日直が大きな声で、「貴方の命を私の命に変えさせて」と言った後に全員で「頂きます」と大声で唱和する事から始めていく事で、自然界への感謝や命の尊さを無意識的に伝える事が出来るのではないかと思います。

学校給食をご飯と味噌汁中心に置き、副食に野菜料理や頭から尻尾まで食べられる魚料理や発酵食品、伝統的な和食に変わる事が出来て初めてクラス全員で、『貴方の命を私の命に変えさせて、頂きます』と言う唱和が出来るのですが。

残念ながら、多くの自治体が採用している人工的な給食では、無理がありすぎてしまいます。

堅苦しい話になってしまいましたが、各ご家庭から『頂きます運動』を広めていきましょう。

頂きます運動が広がれば広がるほど、食原生ストレスが少なくなれば少なくなるほど、未来の多くの子供達に福耳と切れ長の目が戻ってくると確信しています。

1-9『健康の7大条件』

さくら

【1-9】

さて、少し話を変えまして、戦前までの人々についての驚異的な精神性や肉体的な強靭さについて、考えてみたいと思います。

この健康の7大条件とは、食養の創始者で世界的に有名な桜沢如一先生が晩年に提唱されとものです。

 

  1. 決して疲れない(5点)
  2. 食事がいつも美味しい(5点)
  3. 良く眠れる(5点)
  4. 決して怒らない(10点)
  5. 決して物忘れをしない(10点)
  6. 万事スマートに運ぶ(10点)
  7. 決して嘘をつかない(55点)

 

一読されて、いかがでしょうか。

横に点数が有りまして、合計で100点になっています。

これを見て恐らく皆様は、「こんな完璧な人間なんて、いやしないよ!」と、また、「これが健康の条件なら、今の日本には健康な人は一人もいないよ!」と、当然、思われるに違いありません。

現代西洋医学のお医者様や栄養学の先生方においては、恐らく、「馬鹿らしい!」

の一言だと思います。

私自身も17年くらい前に最初に見たときは、同じような印象、感覚でした。

所謂、「冗談でしょう」と。我々現代人の常識的な感覚で考えると、全くといっていいほど、納得するのは不可能に近いとさえ思いました。

しかし、私自身も色々と考えてイメージを膨らませていくうちに、この桜沢先生は、何らかの考えの基準や土台がそこに存在していたので、結果的このように表現されたのではないかと、考えるようになりました。

それは直感的に、昔の日本人はもしかすると、この条件に当てはまるような人々が大勢、普通に存在していたのではないかと。

現代では到底考えられないような『健全で強靭な精神と肉体』を持っている人々が当たり前に大勢いたのではないか、これが普通だったのではと。

そして、それらの人々をして、来日した外国人も羨望するような日本という国の高度な技術や文化、伝統、しきたり、立ち振る舞いや、義理や人情に厚く自他中心的行動などの日本人気質を基礎にして、近代からの日本の発展に大きく繋がり、また、他国が真似の出来ないような、戦後の焼け野原からの急速で驚異的な発展の原動力の元になってきたのではないかと思うようになりました。

 

3 / 2512345...1020...最後 »

最新記事一覧


今後掲載予定の記事

  • 5-3対症療法と自然療法
  • 5-4病気で起きる症状は『排毒現象』
  • 5-5排毒現象は自然治癒力の現れ『延命反応』、止めるのは勿体無い
  • 5-6『ウン』がいい人は、『運』がいい
  • 5-7『万病一元、血の汚れ』
  • 5-8血液を汚し低体温化させる本命は、『食べ物』
  • 5-9病気の症状は浄血反応、健康な身体に戻ろうとする『延命反応』
  • 5-10酒やタバコは、『後押し』をするだけ
  • 5-11好転反応とは その一
  • 5-12好転反応 その二
  • 5-13吸収は排泄を阻害する
  • 5-14『同化作用』と『異化作用』
  • 6-1伝統的な粗食で中庸力を高めよう
  • 6-2毎日の食べ物でウンコが変わる
  • 6-3考え方だけを変えようとしても、なかなか心の問題は解決出来ない
  • 6-4土鍋や鉄鍋を料理に使いましょう
  • 6-5虫やばい菌の殺し過ぎではないだろうか
  • 6-6西洋人的感覚と日本人的感覚の違い
  • 6-7お茶の水クリニックの診察風景


ブログ:マクロビ家族 『ドタバタ奮戦記』

玄米ごはんと福耳.com-日本人と『ごはん』と『福耳』の会

TEL:090-2251-5993

©2014 日本人と『ごはん』と『福耳』の会 All Rights Reserved.

PAGE TOP