玄米ごはんと福耳.com

日本人と「ごはん」と「福耳」の会


日本人から「福耳」が消える日

1-1日本人から『福耳』が消える

玄米食【1-1】

現代の若い方々と戦前に生まれた方々の顔つきを見てみると、そこに相対的ではありますが、一目でその違いを感じ取る事が出来てしまうと思います。

それは相対的に見て、現代人は耳が小さくなり耳たぶが無くなり、また、瞼が開いて中の目玉がよく見える様になってしまいました。

また、お子さんの目の下のクマも近年、増えてきた様にも感じられます。

戦前生まれの方々、現在80歳前後以上の方々の多くは、福耳と切れ長の目をお持ちになっておられます。

そして、その大きな耳が頭の方へピッタリとくっ付いておられる方が殆どで、また、その大きな耳たぶが肩の方へ垂れ下がっている様な方さえおられます。

家族連れが大勢集まるようなイベント会場やデパートなどで、お爺ちゃんやお婆さんと一緒にいるお孫さんや、三世代が一緒におられるところを偶然拝見すると、その違いを容易に感じ取る事が出来てしまうほどです。

お爺ちゃんやお婆さんは、福耳と言われる大きな耳と切れ長の目をお持ちで、その福耳は頭側にピッタリとくっ付いている方々も多く感じられます。

その二世の方々は相対的ですが、福耳の方々が減ってきてしまい、瞼も開いてしまい中の目玉がよく見える様に感じられます。

また、その三世であるお孫さん世代になると、その変化がハッキリと感じられる様になってしまい、耳たぶ自体が殆ど無い方もおられます。

そして、その小さな耳が頭から離れて、外側へ開いてしまっている方々も増えてきてしまいました。

農耕民族的な自然観と一元論を基に持つ東洋的な哲学や医学、その流れを汲む日本の伝統的な食養(マクロビオテック)を基に考えますと、戦後、日本人が急速に劣化してしまった事を如実に現している事と思います。

大昔から東洋では、耳は腎臓で目は肝臓、目の下のクマも腎臓と関係していて、その人の持って生まれた腎臓や肝臓の強さを現していると言われてきました。

昔から『肝腎要』と言われ、血液の浄化や老廃物や毒素や食毒の排泄など、新陳代謝をスムーズに行う為にはとても大事な臓器となります。

東洋や日本の食養では、『万病一元、血液の汚れ』や『冷えは万病の元』と。

特に、耳の大きさは腎臓の大きさや強さに比例していると言われ、体質の強さを決める血液の浄化力と毒素の排泄力にそのまま繋がると言われてきました。

その耳が小さくなり開くと言う事は、相対的に血液の浄化力が弱まり尚且つ、身体が陰性体質(低体温化)に傾き、血液が汚れやすい体質へと変わってきていると言う事を、残念ながら如実に現していると思います。

戦前生まれの方々よりも確かに体格的には大きくなりましたが、現代に生まれた我々は相対的ではありますが、体質的な劣化と言うハンディキャップを背負って生まれてくるようになってしまいました。

この大元の原因は、一にも二にも日本人という民族の伝統的な食性の踏み外しによるもので、余りにも自然界の法則から外れ過ぎてしまった為、日本人の心と身体の劣化現象(弱体化)へと繋がってしまったと思っております。

戦後以来、日本人の耳や目の変化を進化と言う方も出てくると思いますが、私には直感的に間違いなく『退化』と思ってしまいますが、いかがでしょうか。

最新記事一覧


今後掲載予定の記事

  • 5-3対症療法と自然療法
  • 5-4病気で起きる症状は『排毒現象』
  • 5-5排毒現象は自然治癒力の現れ『延命反応』、止めるのは勿体無い
  • 5-6『ウン』がいい人は、『運』がいい
  • 5-7『万病一元、血の汚れ』
  • 5-8血液を汚し低体温化させる本命は、『食べ物』
  • 5-9病気の症状は浄血反応、健康な身体に戻ろうとする『延命反応』
  • 5-10酒やタバコは、『後押し』をするだけ
  • 5-11好転反応とは その一
  • 5-12好転反応 その二
  • 5-13吸収は排泄を阻害する
  • 5-14『同化作用』と『異化作用』
  • 6-1伝統的な粗食で中庸力を高めよう
  • 6-2毎日の食べ物でウンコが変わる
  • 6-3考え方だけを変えようとしても、なかなか心の問題は解決出来ない
  • 6-4土鍋や鉄鍋を料理に使いましょう
  • 6-5虫やばい菌の殺し過ぎではないだろうか
  • 6-6西洋人的感覚と日本人的感覚の違い
  • 6-7お茶の水クリニックの診察風景


ブログ:マクロビ家族 『ドタバタ奮戦記』

玄米ごはんと福耳.com-日本人と『ごはん』と『福耳』の会

TEL:090-2251-5993

©2014 日本人と『ごはん』と『福耳』の会 All Rights Reserved.

PAGE TOP