玄米ごはんと福耳.com

日本人と「ごはん」と「福耳」の会


日本人から「福耳」が消える日

1-5福耳とは

棚田【1-5】

「福耳の人は、お金持ちになれる」と、昔から言われています。

お金持ちという言葉、いい響きで誰でも憧れてしまいます。

この、『お金持ち』とは、私が考えますに広い意味で、楽しい人生、健康で長生きの人生、やることをやった悔いのない人生、幸せな人生、人として生を全うした人生、生まれてきて良かったと実感出来る人生、そして、結果的にお金持ちになった人など様々で、頑張って頑張って、頑張り抜いた人に与えられたご褒美のようなものと考えています。

例えば戦後、田舎から都会へ出てきて裸一貫で小さな町工場を作り、一代で上場企業まで大きく発展させたり、とことん貧乏で苦学をしながら現在では各組織のトップになられた方々など、様々なお金持ちの方々がおられると思います。

恐らく、寝る暇や休む暇など殆ど無く、毎日、毎日、早朝から夜中まで現代の若い世代の我々では想像もつかない様な大変な苦労をされてきたのではないかと思います。

まさに、殆どの方々がセブンイレブン状態ではなかったのかと推測します。

そこには瞬発力も大事ですが、『文句を言わずにコツコツと何かをし続ける持久力や忍耐力』が絶対的に必要だったと思います。

この持久力や忍耐力は残念ながら、常に『弱アルカリで温かい血液』がサラサラと体内を循環している状態で可能となると思います。

やはり普通に考えて、身体の中を流れる血液が酸性でドロドロに汚れていたり、冷たく冷え切っていて血の巡りに滞りが生じていたら、心の中では頑張ろうと思い持久力を発揮したくても、なかなか上手くいかないと思います。

今みたいに週休二日だの有給だの労働条件だのと、そんな事を言っていたら会社の経営が続かなかったでしょうし、社員や職員だったら組織の出世ラインから外されてしまっていたでしょう。

しかし、私はその様な大会社の会長、社長、役員、そして各組織のトップになられた方々だけでなく、戦前、戦後初期生まれのごく普通の人々も同じだったと思っています。

同じように戦後、田舎から都会に出てきて集団就職し、各職場や組織の中でその人その人なりに、頑張って頑張って頑張り抜いて、高度成長期の中を一代で『マイホーム』を築いて来られた方々が殆で、このような人々を私は、色んな意味で『お金持ち』と思っております。

戦前生まれの方々は、男女を問わず殆どの方々が現代人以上に『頑張りのきく心と身体』、『強靭な持久力や忍耐力、勤勉さや正直さ』、『自他中心的感覚』の持ち主だった、と思います。

福耳で切れ長の目をお持ちであれば、相対的に身体がかなり丈夫にできあがっていますので、胃腸や腎臓や肝臓など全ての臓器や器官がとても強い為、老廃物や毒素や食毒の排泄や血液の浄化などの新陳代謝が驚異的に優れていて、常に温かく(陽性)弱アルカリの血液が体内の隅々までスムーズに循環しています。

ちょっとやそっとのストレスではへこたれませんし、絶え間なく心と身体に掛かる様々な負荷やトラブルを乗り越えて来る事が出来たのでしょう。

徹夜マージャン続きなどのちょっとやり過ぎぐらいの不摂生や超劣悪な労働条件や人間関係のストレス、そして「食原生ストレス」を取り過ぎても、若い頃のご自身の身体上に於いて殆ど生活や行動に問題が発生しなかったと思います。

恐らく若い頃は極度の睡眠不足は別にして、ご自分の身体の部分を感じたことはあまり無かったと思われるくらいの健康体だったと推測します。

例えば、虚弱体質の人によく現れる不定愁訴としては、身体が重い、怠い、やる気が出ない、集中が続かない、直ぐ微熱が出る、胃が重い、お腹が張る、口内炎、花粉症、アレルギー、肩こり、便秘、下痢、などです。

あらゆる困難に直面した時に、持ち前の強靭な精神と肉体をフルに活用し、努力、忍耐、根性、プラス思考、そして、頑張り抜くことが出来る素晴らしい持久力、これらを総動員して人生を乗り切って来られたので、結果的にマイホームなどのご褒美を得る事が出来たし、戦後の日本は、諸外国も羨むような急速な発展を遂げることが出来たのだと確信しています。

 

最新記事一覧


今後掲載予定の記事

  • 5-3対症療法と自然療法
  • 5-4病気で起きる症状は『排毒現象』
  • 5-5排毒現象は自然治癒力の現れ『延命反応』、止めるのは勿体無い
  • 5-6『ウン』がいい人は、『運』がいい
  • 5-7『万病一元、血の汚れ』
  • 5-8血液を汚し低体温化させる本命は、『食べ物』
  • 5-9病気の症状は浄血反応、健康な身体に戻ろうとする『延命反応』
  • 5-10酒やタバコは、『後押し』をするだけ
  • 5-11好転反応とは その一
  • 5-12好転反応 その二
  • 5-13吸収は排泄を阻害する
  • 5-14『同化作用』と『異化作用』
  • 6-1伝統的な粗食で中庸力を高めよう
  • 6-2毎日の食べ物でウンコが変わる
  • 6-3考え方だけを変えようとしても、なかなか心の問題は解決出来ない
  • 6-4土鍋や鉄鍋を料理に使いましょう
  • 6-5虫やばい菌の殺し過ぎではないだろうか
  • 6-6西洋人的感覚と日本人的感覚の違い
  • 6-7お茶の水クリニックの診察風景


ブログ:マクロビ家族 『ドタバタ奮戦記』

玄米ごはんと福耳.com-日本人と『ごはん』と『福耳』の会

TEL:090-2251-5993

©2014 日本人と『ごはん』と『福耳』の会 All Rights Reserved.

PAGE TOP