玄米ごはんと福耳.com

日本人と「ごはん」と「福耳」の会


日本人から「福耳」が消える日

1-4今しか無い

水田【1-4】

農耕民族から生まれた一元論的な考えを基にすると、何事にも原因があって結果があると考え、原因を改善すれはその結果も当然、変わってくると思います。

それは、典型的な農耕民族である大和民族として、また、日本人としての『食性』『真の食育』に立ち返り、食原生ストレスを減らしていくことで実現するものと確信しております。

一人ひとりがご理解されて、問題意識を持って出来る範囲内から実行すれば、将来必ず、数世代先に生まれてくる多くの子供達がまた、大きな耳に大きな耳たぶ(福耳)が付いていて、切れ長の目の持ち主に変わっていることでしょう。

今ここで絶対的に大事な事は、今しか無い。時間が無い。という事です。

それは、今現在、大きな耳と耳たぶ(福耳)で切れ長の目をお持ちの多くのお爺ちゃんやお婆ちゃんが今後、申し上げ難いことですが、少しずつご他界されてしまうことでしょう。

大変恐縮ですが、『生き字引』の方が大勢ご健勝で有られるうちにしか、現実的にまた、客観的に比較することが出来ないので、この問題提起を起こすことが難しくなってしまいます。

ですから今しか無いのです。

また、このような事を言いだすと、過激的で国民を扇動するような内容と受け止められ、世の権威ある方々や知識人の方々から言わせれば、まず、間違いなく否定に掛かると思います。

しかし、世の各分野における権威ある方々をよくテレビや雑誌、新聞等で拝見することが多いのですが、皆さん殆どが『大きな耳(福耳)と切れ長の目』をお持ちです。年齢的にも恐らく70歳前後以上と思われます。

一代で大会社を築き上げた方々や役員の方々、素晴らしい耳と目をお持ちの方が殆どです。

また、年齢の高い長老と言われる様な国会議員の方々と、若い世代の議員の方々を拝見すると、その相対的な違いを残念ながら感じることが出来てしまいます。

ご年配の方々は、お生まれになった頃が戦前、戦後で食糧事情が悪くまた、その方々のご両親やご祖父母様は生まれたときから『伝統的な粗食』で生きて来られた方々が殆どのはずです。

今現在、テレビ等でよく拝見するこの素晴らしい耳や目をお持ちの権威ある方々や権威をお持ちだった方々、有名な方々のお子様やお孫様、ひ孫様も同じような素晴らしい大きな耳(福耳)や切れ長の目をお持ちであれば幸いです。

それは、代々、食性を踏み外すことが少なく、食原生ストレスが少なかったという結果で大変素晴らしい事と思います。

最新記事一覧


今後掲載予定の記事

  • 5-3対症療法と自然療法
  • 5-4病気で起きる症状は『排毒現象』
  • 5-5排毒現象は自然治癒力の現れ『延命反応』、止めるのは勿体無い
  • 5-6『ウン』がいい人は、『運』がいい
  • 5-7『万病一元、血の汚れ』
  • 5-8血液を汚し低体温化させる本命は、『食べ物』
  • 5-9病気の症状は浄血反応、健康な身体に戻ろうとする『延命反応』
  • 5-10酒やタバコは、『後押し』をするだけ
  • 5-11好転反応とは その一
  • 5-12好転反応 その二
  • 5-13吸収は排泄を阻害する
  • 5-14『同化作用』と『異化作用』
  • 6-1伝統的な粗食で中庸力を高めよう
  • 6-2毎日の食べ物でウンコが変わる
  • 6-3考え方だけを変えようとしても、なかなか心の問題は解決出来ない
  • 6-4土鍋や鉄鍋を料理に使いましょう
  • 6-5虫やばい菌の殺し過ぎではないだろうか
  • 6-6西洋人的感覚と日本人的感覚の違い
  • 6-7お茶の水クリニックの診察風景


ブログ:マクロビ家族 『ドタバタ奮戦記』

玄米ごはんと福耳.com-日本人と『ごはん』と『福耳』の会

TEL:090-2251-5993

©2014 日本人と『ごはん』と『福耳』の会 All Rights Reserved.

PAGE TOP