玄米ごはんと福耳.com

日本人と「ごはん」と「福耳」の会


日本人から「福耳」が消える日

3-11陰陽と耳と目

コンビニ食

【3-11】

何度も先天の気(腎気)という言葉が登場しますが、東洋哲学や食養では腎臓の大きさや強さがその人の生命力に直結していると捉えます。

腎臓は老廃物や毒素を排泄し血液を浄化する大事な臓器で、肝臓の解毒器官と連動しながら我々生命体の『生命力の強さ』に直接関係するものです。

昔から、『肝腎要』と言われる所以です。

また、腎臓は『水の臓器』といわれ子宮や膀胱に繋がっていて、生命力や生殖力の要となります。

なかなか理解し難いと思いますが、目に見えない物を追いかけてきた東洋人である中国人や日本人は、耳は腎臓で目は肝臓と繋がっていると考えました。

詳しくはWEBでも簡単に検索出来ますが、陰陽と一緒に『五行説』も見て頂けると色々な事が分かってきます。

その耳が大きいということは、相対的にその人の腎臓が生まれながらに大きいこと事や強い事を意味します。

腎臓が大きいと生命活動に余力がありますので、それだけちょっとやそっとの食原生ストレスや外界ストレス、酒、タバコなどの害も強靭な肝臓と連動してテキパキと体外へ排泄する事が出来てしまいます。

この強靭な新陳代謝の結果、血液が常に綺麗でサラサラと体内を循環している為、その人が高齢になるまで何の不都合をも心と身体に与えない場合が多いと思います。

臓器ビルで考えたら、生まれながらに腎臓が超高層ビルで陽性体質の為、老廃物や毒素の排泄力や血液浄化力が極めて高いという事です。

しかし戦後、我々日本人は徐々にその耳が小さくなり耳たぶがなくなってしまい、福耳の方が大分減ってしまいました。

そして更に、その小さな耳が外側へ開いてしまい、相対的ですが耳の位置が上の方へ上がりだす傾向にあります。

陰性は遠心性で開く、広がる力、上に向かう力といいましたが、耳が頭から離れて外側へ広がって上に上がってしまったという事は、その人が高いレベルの陰性体質である事を物語っております。

また、同じ様に、戦後徐々に切れ長の目から瞼が開いてその中の瞳がよく見える様になりました。

目は肝臓で、これも瞼が開くという遠心性の力(広がる力)が強くなってしまい、この部分でも戦後、相対的に陰性体質へ変化している事が考えられます。

尚、耳が小さくて耳たぶが無くてもまだ、その耳が頭側へくっ付いていれば、腎臓が相対的に陽性に出来ていて生命力も強いのですが、耳が小さく耳たぶが無く、そして開いて上がってしまい目も開いてしまうと、腎臓や肝臓や他の臓器も含め相対的に陰性化してしまっていると思います。

陰性化するとは、血液が薄くなり身体が冷えて低体温化してしまい、老廃物の排泄や浄血、新陳代謝など全ての生命活動が滞ってしまいます。

言い方を変えると『気の流れが悪くなった状態』とも表現できますし、体内に毒素がどんどん溜まってしまいその結果、一番大事な血液も汚れてしまう事になってしまいます。

東洋や食養では、『血液は腸から作られる』と言われています。

アメリカの戦後政策のお蔭で学校給食から始まり、戦後の日本人は急速に洋風化された食事へ変わり、食品もどんどん工業化(機械化)されてしまい、今ではファーストフードやコンビニ、ジャンクフード花盛りの有様になってしまいました。

極陽性ではあるが血液をドロドロに汚す陸上動物の肉や卵、しかも殆どが人工的なクスリ漬け飼料で生命力が無く、また、極陰性である白砂糖や食品添加物や薬物などの生命力から真逆の方向へ導く食品を食べ続けてきたお蔭で、我々日本人の心と身体が中庸から大幅に外れバラバラになってしまいました。

一昔前では考えられない様な無差別殺人、凶悪犯罪、子供への考えられない様な虐待、昔は無かった様な超陰質なイジメ、自己中心的、自殺の増加、ストーカー、直ぐにキレる、躁鬱病などの統合失調症、引きこもり、ニート、知的障害、ダウン症、そして癌をはじめ病人と病院と医療費の拡大再生産と問題を上げたら切がありません。

そして、少子化問題です。

この少子化は女性だけの問題ではなく、男性にも同じように問題が発生しています。

『精子が足りない』とか『無精子』とか、最近では『奇形精子』なる言葉も耳にする様になりました。

これらの殆ど全ての『おかしな現象』は、戦後、農耕民族である日本人の尊い食性を犠牲にした上に成り立っていると考えられます。

最新記事一覧


今後掲載予定の記事

  • 5-3対症療法と自然療法
  • 5-4病気で起きる症状は『排毒現象』
  • 5-5排毒現象は自然治癒力の現れ『延命反応』、止めるのは勿体無い
  • 5-6『ウン』がいい人は、『運』がいい
  • 5-7『万病一元、血の汚れ』
  • 5-8血液を汚し低体温化させる本命は、『食べ物』
  • 5-9病気の症状は浄血反応、健康な身体に戻ろうとする『延命反応』
  • 5-10酒やタバコは、『後押し』をするだけ
  • 5-11好転反応とは その一
  • 5-12好転反応 その二
  • 5-13吸収は排泄を阻害する
  • 5-14『同化作用』と『異化作用』
  • 6-1伝統的な粗食で中庸力を高めよう
  • 6-2毎日の食べ物でウンコが変わる
  • 6-3考え方だけを変えようとしても、なかなか心の問題は解決出来ない
  • 6-4土鍋や鉄鍋を料理に使いましょう
  • 6-5虫やばい菌の殺し過ぎではないだろうか
  • 6-6西洋人的感覚と日本人的感覚の違い
  • 6-7お茶の水クリニックの診察風景


ブログ:マクロビ家族 『ドタバタ奮戦記』

玄米ごはんと福耳.com-日本人と『ごはん』と『福耳』の会

TEL:090-2251-5993

©2014 日本人と『ごはん』と『福耳』の会 All Rights Reserved.

PAGE TOP