玄米ごはんと福耳.com

日本人と「ごはん」と「福耳」の会


日本人から「福耳」が消える日

3-10陰陽と身体

ひまわり

【3-10】

それでは、我々人間の身体と陰陽の関係について、簡単にお話しいたします。

これは『目に見えない自然界の法則』の為、学識を持たれ方々や専門家の方々、現代西洋医学や哲学にどっぷりと浸かった方々にはなかなか理解し難いと思いますが、東洋哲学や食養ではこの『目に見えない法則』、目に見えない処をとても大事にしてきました。

要は、目に見えなくてもそこに存在する何かがあって、科学的に確かめられ様が確かめられまいが、どちらでもいいのです。

大昔から存在することだけは確かで、それで全体的に上手く行けばいいのだと思います。

陰性と陽性を、簡単に再確認してみます。

 

陰性とは、遠心性で拡散性(広がる)、分散、左回転、溶かす、気体、大きい、軽い、天、高い、上に向かう、葉菜、冬、冷、女、優しい、精子、紫、ミトコンドリアが少ない、白筋、交感神経 など。

陽性とは、求心性で収縮(縮む)、集中、右回転、固める、固体、小さい、重い、地、低い、下に向かう、根菜、夏、熱、男、激しい、卵子、赤、ミトコンドリアが多い、赤筋、副交感神経 など。

 

これらの相反する二つの力がお互いに引き付け合い、この世の中の全てを『中庸』の状態にして、バランスを取りながら出来上がっていると思います。

人間の身体にこの陰陽の法則を当てはめてみると、上半身は下半身より陰性、左側は右側より陰性となります。

つまり、左上半身 < 右上半身 < 左下半身 < 右下半身 の順に陰性から陽性へ移行しています。

陰性は天に向かって行く方向で上半身になり、陽性は地に向かって行く方向で下半身となります。

野菜でも、葉菜は太陽へ向かって伸びていくので陰性で、根菜は地中へ向かって伸びて行くので陽性となります。

日本でも、陽性である夏に陰性である向日葵やトウモロコシ、ナス、キュウリが育ちますし、ヒョロヒョロと太陽に向かってどんどん伸びてすぐに大きくなりますし、春に出るタケノコも代表的な陰性な食べ物です。

一方の根菜は陰性である冬に、冷たい地中の中をその中心に向かってゆっくりと右回転しながら力強く成長します。

これだけでも、陽性(求心性)と陰性(遠心性)の相対的な生命力の違いを感じる事が出来ます。

そして、トウモロコシやタケノコを成長期の陽性が強い子供に食べさせれば、食べた子供の身長も伸びて行きますし、子供という陽性とトウモロコシやタケノコの陰性が上手く調和して、子供の身体が冷え過ぎる様な心配も余りありませし、自然界の法則の素晴らしさを改めて感じさせられます。

栄養、栄養と言って牛乳など飲ませなくても、自然に成長していきます。

そして相対的ですが、ずんぐりむっくりした地に足がドテッと着いている様な身体付きが陽性体質で、ヒョロヒョロと細身で身長が高い人は陰性体質となります。

また、陰性な草や葉っぱを食べる草食動物のキリンやカバ、シマウマ、像など、肉食より身体は巨大化しています。

肉食のライオンやトラ、チーターも大きいですが、キリンや像みたいに巨大にはなっていません。

陰性は拡散性で、どんどん広がり大きくなって行くので、それを食べる動物もそれなりに巨大化する訳です。

巨大化しても、性格的には女性的で優しくなりますし、逆に、肉食動物は草食動物の様に巨大化はしませんし、性格的にも男性的で激しく荒々しくなります。

また、肉食動物のシロクマが巨大化したのは、極寒という風土に進化適応する為に身体が大きくなったと思います。

そして今度は、身体の左が陰性で右が陽性です。

箸やホークを持つ手、ライフルや銃剣を構える方も殆どの人が右側で、国産も外車もアクセルは右足で踏むように作られています。

そして、右回りは陽性で何かを生み出す力や熱や集中力、力を高める方向で、行き過ぎてしまうと攻撃的になり、更に行き過ぎると発狂してしまうと思います。

また、左回りは陰性で緩めたり休息したりしる方向で、余り行き過ぎてしまうと疲れやすくなったり低体温になってしまい、その先は動けなくなってしまう恐れがあります。

そして、受精をする時、精子と卵子が受精した瞬間に『右回転』を始めるそうです。

これを『生命のダンス』と、専門家の間で呼ばれている様です。

また、お腹の中の赤ちゃんは出産の時、右回転(赤ちゃんから見て)しながら出てくる様です。

恐らく、右回転させながら目標に向かって進むのでしょう。

まるで、人参や大根が地中に向かって成長する時、ゆっくりと右回転しながら成長する様に。

また、DNAの二重螺旋も右回転ですし、神経突起も延びる方向(伝える方向)に向かって右回転している様です。

何かを生み出す時や成長する時、また、力(気)を高める時は、右回りの陽性(求心性)エネルギーが基本になるのでしょう。

恐らく、殆どの人は旋毛が右回転になっていると思います。

自然界の生み出す力である右回転の法則、とても素晴らしい限りです。

最新記事一覧


今後掲載予定の記事

  • 5-3対症療法と自然療法
  • 5-4病気で起きる症状は『排毒現象』
  • 5-5排毒現象は自然治癒力の現れ『延命反応』、止めるのは勿体無い
  • 5-6『ウン』がいい人は、『運』がいい
  • 5-7『万病一元、血の汚れ』
  • 5-8血液を汚し低体温化させる本命は、『食べ物』
  • 5-9病気の症状は浄血反応、健康な身体に戻ろうとする『延命反応』
  • 5-10酒やタバコは、『後押し』をするだけ
  • 5-11好転反応とは その一
  • 5-12好転反応 その二
  • 5-13吸収は排泄を阻害する
  • 5-14『同化作用』と『異化作用』
  • 6-1伝統的な粗食で中庸力を高めよう
  • 6-2毎日の食べ物でウンコが変わる
  • 6-3考え方だけを変えようとしても、なかなか心の問題は解決出来ない
  • 6-4土鍋や鉄鍋を料理に使いましょう
  • 6-5虫やばい菌の殺し過ぎではないだろうか
  • 6-6西洋人的感覚と日本人的感覚の違い
  • 6-7お茶の水クリニックの診察風景


ブログ:マクロビ家族 『ドタバタ奮戦記』

玄米ごはんと福耳.com-日本人と『ごはん』と『福耳』の会

TEL:090-2251-5993

©2014 日本人と『ごはん』と『福耳』の会 All Rights Reserved.

PAGE TOP