玄米ごはんと福耳.com

日本人と「ごはん」と「福耳」の会


日本人から「福耳」が消える日

2-2食べ物が行動様式を決める

いなほ【2-2】

これはアメリカを中心に世界中に『食養』、『マクロビオテック』を発展普及させ、現在ではスミソニアン博物館で日本人としては初めて殿堂入りされた方で、世界的にとても有名な久司道夫先生の本に書かれていたと記憶しています。

例えば、日本人は大昔から魚を食べる民族で、魚は群れを成して行動します。

日本人は何処の旅先(外国も含めて)に行っても、必ずと言ってよいほど皆一緒の団体行動を好みます。魚の群れと同じです。

ですから、我々日本人は『協調性』を好みます。

朝の出勤風景です。

みんな同じ様な色のスーツ姿で、まるで群れを成して移動している様です。

以前、ニュージーランドに一年ほど滞在したときに、現地の友達がその昔一度日本へ行った事があり、その時の日本の印象を聞いてみました。

東京駅での印象の様ですが、彼曰く「日本人、オールブラック。みんな一緒」、

見分けが付かないとの事。

髪も黒く、スーツも黒で同じ方向へ速足でゾロゾロと動いているという印象で、彼はかなりびっくりした様です。

恐らく、西洋人的な感覚や個性が感じられなかったと推測します。

一方、牛肉を良く食べる西洋人はというと、日本人から見たら『なんでこの人達、自分勝手なんだろう』と思うほど、わがままに感じ易いと思います。

放牧された牛をイメージしてみて下さい。

彼らは広大な牧草地帯でバラバラに点在していますし、逆に見ると纏まっていない訳ですし、群れを嫌う訳です。

大雑把で乱暴な結論付けとなりそうですが、『何かが見えてくる事』がとても大事な事と考えています。

普段からよく食べているものが、絶対性はありませんが全体的(マクロ)に見て、その人や民族の考え方や行動様式に繋がっていると思います。

いかがでしょうか。

高学歴や知的な人であれはあるほど、理解するのがかなり難しいことでしょう。

「馬鹿らしい」の一言に尽きるのではと。

確かに、医学的根拠や科学的根拠、合理的説明は出来ないかもしれませんが、食養的な考え方は、直感的で全体的(大雑把)にみた場合、的を射ていると私は思います。

また、別の見方をすると、西洋人などと違って日本人はよく頭を下げます。

我々日本人には日常ごく普通の行動様式なのですが、肉を沢山食べる西洋人などから見たら頭を下げるという行動は、恐らく、彼らにとっては『負け』を意味する事になるのでは、と。

日本人に話を戻しますと、諺に『実るほどに頭を垂れる稲穂かな』がありまして、

これに尽きると思ってしまいます。

古代から日本人は稲(米)を中心の食生活をしてきたことで、このような行動様式に繋がったと思います。

熱海断食道場の牧内会長もよく話していました。

「野菜を食べると優しくなり、肉を食べると憎らしくなる」と。

最新記事一覧


今後掲載予定の記事

  • 5-3対症療法と自然療法
  • 5-4病気で起きる症状は『排毒現象』
  • 5-5排毒現象は自然治癒力の現れ『延命反応』、止めるのは勿体無い
  • 5-6『ウン』がいい人は、『運』がいい
  • 5-7『万病一元、血の汚れ』
  • 5-8血液を汚し低体温化させる本命は、『食べ物』
  • 5-9病気の症状は浄血反応、健康な身体に戻ろうとする『延命反応』
  • 5-10酒やタバコは、『後押し』をするだけ
  • 5-11好転反応とは その一
  • 5-12好転反応 その二
  • 5-13吸収は排泄を阻害する
  • 5-14『同化作用』と『異化作用』
  • 6-1伝統的な粗食で中庸力を高めよう
  • 6-2毎日の食べ物でウンコが変わる
  • 6-3考え方だけを変えようとしても、なかなか心の問題は解決出来ない
  • 6-4土鍋や鉄鍋を料理に使いましょう
  • 6-5虫やばい菌の殺し過ぎではないだろうか
  • 6-6西洋人的感覚と日本人的感覚の違い
  • 6-7お茶の水クリニックの診察風景


ブログ:マクロビ家族 『ドタバタ奮戦記』

玄米ごはんと福耳.com-日本人と『ごはん』と『福耳』の会

TEL:090-2251-5993

©2014 日本人と『ごはん』と『福耳』の会 All Rights Reserved.

PAGE TOP