玄米ごはんと福耳.com

日本人と「ごはん」と「福耳」の会


日本人から「福耳」が消える日

1-13インフルエンザ予防接種で高熱に

薬

【1-13】

恐縮ですが、私自身の話を少しさせて頂きます。

1961年(昭和36年)10月生まれ、現在53歳。

元々は12月生まれの予定が3か月早い超未熟児で生まれ、病院にそのまま

3か月入院しその間は母乳ではなく人工乳で、実家に移ってから母乳になったと母親から聞いております。

ちなみに、福耳ではなく小さくて開いていて、目は真ん丸です。

主な病歴としては、

5歳くらいの時に膀胱炎にかかり、2か月間くらい毎日通院し、注射を打ってもらった記憶があります。

中学ぐらいから毎春、重度の花粉症(昭和46年当時は、記憶としては花粉症という病名はまだ無かったと)が32歳まで続いた。

小学校ぐらいからほぼ毎年、6月ごろになると中耳炎になり、これも27歳ごろまで続いた。

小さい頃からよく熱を出し、風邪もよく引いた記憶があります。

また、小学時代から中学時代の間でインフルエンザの予防接種をすると必ず、接種の数時間後に高熱が出て、毎回、次の日から十日間くらい学校を休んでいたような状態でした。

当時、同じような症状になってしまう人が私を含め数人で、毎回同じ人と記憶しています。

『予防接種の抗原に既に負けていた』、という事です。

また、成人してからは花粉症が更に悪化し、鼻炎状態が一年中、毎日のようになり、普通の人のように鼻呼吸睡眠は全く出来なくなりました。

こんな感じでかなりの虚弱体質でしたので、ほぼ毎日、何らかの不定愁訴がありました。

怠い、身体が重い、首や肩が凝る、口内炎、鼻炎、不整脈、黄疸、熱っぽい、集中力が出ない、持久力が無いなどでした。

小さい頃から胃腸が弱く、常に『お腹が張る』という身体的状況で、そのお腹が張るという言葉の意味を中学生に入る頃には理解していました。

痔の手術も2回しました。

職場で仕事をしていても、何をしていても、結局、自分の身体に自信が持てない訳です。

それでも若い頃は、何とか自分の心の方が勝っていましたが、30歳近くになると段々と心が身体に負け始めるようになりました

今まで調子が良かったのが、次の瞬間には急に調子が悪くなって、色々と職場での業務に滞りが生じるようになりました。

28歳頃から町の道場で『合気道』を始めましたが、とても精神的な気合で解決できる問題ではありませんでした。

こんなことは、生まれながらにして健康な人には殆ど理解出来ないと思います。

現に、30歳位の時に職場の上司から「お前は、いい加減で集中力が足りない。やる気がないから間違えるのだ」と。

心の中で叫びました。

「やる気が無いんじゅあねぇや!身体が言う事を聞かねぇんだ!」と。

病院も転々と回りましたが、どの病院の検査でも『異常なし』でした。

ある病院では、「あなたは、慢性疲労症候群を知っていますか?」と。

ある病院では、「あなたの身体は他の人と違い、非常に精巧に出来ているので、すぐに壊れる?」と。

また、ある病院では身体が黄色い(黄疸)と言われ、専門の病院を紹介されて行って検査してみると、その専門医が言うには、「これはギルバートシンドロームと言って、体質的な問題です。治療するほどではないですが、体質なので治りません」と。

君の虚弱体質、黄疸、不定愁訴は体質の問題なので、治せません。と言う事でした。

生んでもらった親を恨むことは一度もありませんでしたが、悩みました。

30歳すぎの頃に、俺ってこのままいって、『40歳まで生きられるかなぁ』と、心の中で真剣に思う事もよくありました。

最新記事一覧


今後掲載予定の記事

  • 5-3対症療法と自然療法
  • 5-4病気で起きる症状は『排毒現象』
  • 5-5排毒現象は自然治癒力の現れ『延命反応』、止めるのは勿体無い
  • 5-6『ウン』がいい人は、『運』がいい
  • 5-7『万病一元、血の汚れ』
  • 5-8血液を汚し低体温化させる本命は、『食べ物』
  • 5-9病気の症状は浄血反応、健康な身体に戻ろうとする『延命反応』
  • 5-10酒やタバコは、『後押し』をするだけ
  • 5-11好転反応とは その一
  • 5-12好転反応 その二
  • 5-13吸収は排泄を阻害する
  • 5-14『同化作用』と『異化作用』
  • 6-1伝統的な粗食で中庸力を高めよう
  • 6-2毎日の食べ物でウンコが変わる
  • 6-3考え方だけを変えようとしても、なかなか心の問題は解決出来ない
  • 6-4土鍋や鉄鍋を料理に使いましょう
  • 6-5虫やばい菌の殺し過ぎではないだろうか
  • 6-6西洋人的感覚と日本人的感覚の違い
  • 6-7お茶の水クリニックの診察風景


ブログ:マクロビ家族 『ドタバタ奮戦記』

玄米ごはんと福耳.com-日本人と『ごはん』と『福耳』の会

TEL:090-2251-5993

©2014 日本人と『ごはん』と『福耳』の会 All Rights Reserved.

PAGE TOP